Psych-Out (1968) : ジャック・ニコルソンの嵐の青春

LSD文化発祥の地・サンフランシスコのヘイトアシュベリーを舞台に、ドラッグ・カルチャーにのめり込む若者達の生態を描いた映画。

監督:リチャード・ラッシュ
出演:ジャック・ニコルソン、スーザン・ストラスバーグ、アダム・ロアーク、ディーン・ストックウェル

ジャック・ニコルソンの嵐の青春(1968)のストーリー

ヒッピーたちはドラッグに浸りながら「人生は消費するもので投資するものじゃない」と若者の哲学をぶち、長髪にネックレスという独特のファッションで身を飾っている。そして集団生活を送りながら、組織や社会に対して強い反抗意識をみなぎらせていた。ストーニー(ジャック・ニコルソン)も、そんな一人。

ある日、耳の不自由な少女ジェニー(スーザン・ストラスバーグ)が兄を捜すため、ニューヨークから家出してカリフォルニアへやって来る。兄を見つけることが出来ず、お金も寝るところもない彼女に手を差し伸べたのはストーニーだった。ジェニーの兄はヒッピーの哲学に感化され、「神は角砂糖の中に健在なり」とのたまふ変人で、仲間からは「探求者」と呼ばれていた。兄妹は再会できるのか・・・。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Hells Angels on Wheels (1967) : 爆走!ヘルズ・エンジェルス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。